会社からお金を借りる事を何て言う?

会社からお金を借りることを従業員貸付制度といいます。中小企業だと少ないですが、大手企業の従業員のほとんどがこの制度を利用することができます。お金に困った従業員が他の従業員にお金を借りたり、業者からの債務で自己破産に追い込まれたりと、企業は様々なリスクを抱えています。できるだけ従業員と福利厚生でトラブルを起こしたくないため、お金に困った従業員が闇金で苦しむ前に会社が救済します。借りられる上限は10万円~20万円ですが、一般的な金融機関より金利が低いです。金利を付けないでお金を渡してしまうと、課税されるので会社は必ず金利を付けます。会社からお金を借りる時は、会社ごとの審査基準に合っているかを確認されますが、金融機関のように個人信用情報を会社が調べることはできません。勤続年数やお金が必要な理由などが主な基準です。お金をどうして借りるのかは非常に大切で、ギャンブルによる借金であれば社内での評価が下がります。出産のための費用など、一時的にまとまったお金が必要になった時だけ申請するのが一般的です。金利が低いからと娯楽のために申請すれば、お金にだらしない人として出世の可能性も低くなります。返済する時は給料から天引きやボーナスでの一括払いなど、会社によって違います。会社は従業員にお金を貸すことで利益を得ているわけでないので、借りる金額が大きくなればなるほど、会社全体で審査されることなりお金を得るまでに時間がかかります。
http://xn--t8j5c8de7a00a7b1846amfbt6fcs0g4oa685ebl2j.com/

Comments are closed.